2010年03月01日

ピリッポス2世

ピリッポス2世ピリッポス2世(ギリシア語:Φίλιππος Β', Philippos II , 紀元前382年 - 紀元前336年)は、古代マケドニア王(在位紀元前359年 - 紀元前336年)。フィリッポス2世とも表記される。アミュンタス3世の子で、ピリッポス3世とアレクサンドロス3世(大王)の父。生涯ピリッポスは、幼少期に将軍エパメイノンダスが率いるテーバイに人質となっていた。この時代に、ファランクス・斜線陣などのテーバイ軍の陣形を学んだといわれている。彼はアミュンタス3世の三子であり、紀元前359年の甥アミュンタス4世の死後、マケドニアの王に即位する。紀元前5世紀後期から強国になっていた古代マケドニアの軍制改革を押し進め、古代ギリシアの先進地域であった南部諸ポリスの抗争に積極的に介入した。最初の介入は第三次神聖戦争(en:Third Sacred War)である。テッサリアからの支援要請を受け、ピリッポスはフォキスと戦い、緒戦では苦戦するも、紀元前352年のクロコスの戦い(en:Battle of Crocus Field)でこれを下した。紀元前346年にマケドニア軍がフォキスを制圧して第3次神聖戦争は終結した。前342年、アリストテレスを招いて、王子アレクサンドロス(のちの大王)(前356年? - 前323年)の「家庭教師」とした。都ペラから離れた「ミエザの学園」で、前340年までアレクサンドロスとその「学友」を教えさせた。この「学友」たちが、のちに彼を支える将軍となった。紀元前338年にカイロネイアの戦いでアテナイ・テーバイ連合軍を破り、コリントス同盟を成立させ、スパルタを除く全ギリシアに覇権を唱えた。さらにペルシア遠征を目指したが、娘の祝宴の席でパウサニアスにより暗殺され、ペルシア遠征の大事業は息子のアレクサンドロス3世に引き継がれた。仲が悪く離婚していた元妻オリュンピアス(アレクサンドロス3世の母)が、暗殺の黒幕として永く取りざたされている。これについてはアレクサンドロスが関与したという説の他、いくつか有力な説があるため、いまだに曖昧である。また、戦闘中に右目を失っている。マケドニア式ファランクスの創始ピリッポス2世は、テーバイの人質時代に長槍を携えた重装歩兵の密集陣形であるファランクスを学び取り、さらに長い槍「サリッサ」の採用および方陣の大型化に

<落語協会>柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
<社民党>石川議員起訴で「辞職に値」(毎日新聞)
<長崎平和研究所>最後の総会 被爆者の高齢化で存続断念(毎日新聞)
収賄容疑で福岡県元副知事を逮捕、県町村会から100万円(産経新聞)
<男女死亡>78歳妻を殺害後に自殺か…埼玉(毎日新聞)
posted by ヤナガワ ヒデヒコ at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。